Blog

diary with petit photos from the atelier

冬茜



森の背に 冷やり燃ゆる陽 冬茜




Ton soup

豚汁

今朝は−5℃以下...。


アニャン社食堂 本日のランチ

根菜と白菜、ショウガと豚肉の味噌風味スープ=つまりは豚汁

プチフランスパン




クリスマスツリー 写真

The christmas tree of a shopping mall.




この手のマナー看板のアナウンサー役というのは、何故か決まってレモンビーグルなのである。






イラストを担当した"Pray for Christmas"のCDとポストカード。


Persimmon



今年も、だいだい色の季節。

干し柿作りが盛んなこのあたりは、道を行けばどの家も、洗濯物を干す如く当たり前に、たくさんの柿を軒に下げている。





ピンクの首輪の放浪犬、ぼっちゃん。

その後、やはり3ヶ月に1回ぐらいふらっと現れて、1泊ほど滞在してはどこかへ旅立って行く。

いつも自由に出歩いているくせに、散歩の時間を心待ちにして、ぴょんぴょん飛び跳ねながら嬉しそうについてくる。


相変わらずに謎の多い犬なのであった。





"Mask of Autumn" on a old winery's warehouse.



Update

はや、11月。

夏から継ぎ目無く色々なお仕事が続いているけど、今月からはそのお知らせも続けて出していけそうな気配。

そんな中、アトリエでは、OSを更新したり、ようやく光回線が届いたりと、じわじわと仕事環境もアップデート。

そして、(相変わらず携帯は二つ折りのままだけど...)新しいiPod touchでカメラもアップデート。噂には片耳向けていたけど、気軽に撮って、アプリで加工したりと、本当に便利である。

ヨドバシカメラで配布していたフィルムカタログを携帯し、熟読しながら、次はどんな風合いのフィルムを選んで写真を撮ろうかと、スペックや値段や見本写真を見比べながら思いを巡らせていたのは、15年程前のこと。

今、フィルムカメラ風のエフェクトを手のひらで選び、感心しながら、少しメランコリックにその頃を思い出したのであった。




このブログも、フォトログとしてアップデート。
写真中心に、もう少しこまめに更新して行く予定である。



*今回の写真
ドッグランに連れて行ったのに、走りもせず、なぜか木を熱心に眺めているユロ。




In a Zoo


レッサーパンダ。しぐさにも、プロポーションにも、問答無用の愛らしさ。



アライグマ。好奇心、あるいは無関心。



 

ウサギとカメ。
気を抜き切って爆睡中のウサギ、そして背後に迫るカメ...迫真の実写版。




RESENT ENTRY

CATEGORY

CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ARCHIVES

LINK

コトリエンヌ・公式通販ストア

SEARCH

*about this BLOG