Blog

diary with petit photos from the atelier

そこここに、 花開き出すこのごろ。
買い物ついでの店先でも、微笑みかけられればついつい手に取ってしまう。
そろそろ今年の庭つくりも、始まりの時期。
窓から外を眺めては、あれやこれやと計画を描く、このごろである。


 

雨は夕方から雪に。
白い空からまんべんなく、しんしんと、しんしんと、降り続ける。


残雪組

 

昨日は昼から夜にかけての雪。

大雪にはならなかったけれど、物陰に居座って、追ってくる寒波を待つ残雪組も少なくない。




霜が降りる前に、と、朝からクラシナ山荘のキウイを収穫。
樹齢30年の大棚のキウイ。
リンゴにしばらく添い寝をしてもらえば、甘く、食べごろとなる。
(まだ、美味しくないぜ。)

今年は、除草ばかりでほとんど手が出せなかった庭。
これから土作りをして、じっくりじっくり整えていくこととしよう。




寂しがりやのために、仕事部屋の窓辺に新しい小屋を新築。
えんどう豆色のグリーンハウスは、屋根で主人を見張りながらお昼寝が出来る、多機能住宅なのである。




あたらしい講座や企画もスタートした新年度。締め切りや書類処理や発熱で、あっという間に月も半ばになってしまった。
クラシナ山荘には、ちょっとした日本庭園がある。向いの山を借景に、石塔、枯れ池、鉄の太鼓橋まである。荒廃した古寺の庭のようだったけれど、草の勢いが増す前にと、少しずつ手を加えはじめた。前に住んでいたおばあさんが「どうしても欲しくて買って来た」という椿は、庭の真ん中で思い出したように枝中にたくさんの花を咲かせている。その下には、間もなくやってくる新入りのために、芝生を貼った。この庭はきっと、これからいくつもの憩いを与えてくれるだろう。



RESENT ENTRY

CATEGORY

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ARCHIVES

LINK

コトリエンヌ・公式通販ストア

SEARCH

*about this BLOG