Blog

diary with petit photos from the atelier
 

もうすぐバレンタイン。

(あまり紹介する機会がありませんでしたが) 著書『記念日につくる消しゴムはんこ』の中には、バレンタイン向けの消しゴムはんこ活用アイデアも掲載しています。 

空き瓶ラベル、紙袋、バルサ材という(カッターでも切断出来る)木材を使った木箱など、手軽ながらクラフト感のある贈り物アイデアを紹介しております。

是非、ご活用あれ。



 
10月に入り、新しい本の発売、展示会の開催も無事迎え、今は秋空のように晴れやかな気分である。
 経堂のカフェギャラリー芝生では、26日まで展示会を開催中。先日のオープニングでは、ドーナツ、パンプキンケーキのプチスイーツをサービス。小さなドーナツは、小さな子供達にも好評でした(あいにくの天気でしたが、お越しいただいた皆様ありがとうございました)。
    
展示では、掛け軸仕立てにした『デザイン歳時記』からの四季のセレクトパターン、本の素材を使って作れる紙雑貨、新作のシルエットイラストなどを小さなギャラリーいっぱいに掲げています。
お出掛けの際には、ゆっくりご覧いただければと思います。
ちなみに、カフェギャラリー芝生のある経堂北口のすずらん通りは、素朴な商店街ながらハルカゼ舎クーラウレシカなどなど、小さくて個性的なお店が点在しています。道すがらのお楽しみに。



いやはや。時節とともにヒートアップしていた忙しさにも、少しだけ引き潮の風を感じられるようになっただろうか。

今日から cafe+gallery芝生 で始まるグループ展でのイラスト制作&搬入作業も無事完了。

新たなイラストレーションとして展開しようと思いつつ、なかなか手が付けられなかった新作を4点展示。
切り絵を素材にした植物と女性のリズミカルなシルエットイラスト、ホームページのトップ画面に春からひとつだけ掲載しておいたけれど、ときどき「あの感じで」とお仕事のお問い合せをいただく。

写真手前のイラスト「Flowering」は、妖精のような女性達が組み体操をしながら花を咲かせている。愛らしいリズムにユーモアを織り交ぜた作品である。
展示テーマは『そだてるもの』ということで、植物が育つ過程に見せるリズミカルな運動を擬人化したのであるが、個人的にもこれから育てていきたいイラスト世界の芽のように感じているのである。


夏の芝生展「そだてる もの」 2010.8.21-9.7



RESENT ENTRY

CATEGORY

CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ARCHIVES

LINK

コトリエンヌ・公式通販ストア

SEARCH

*about this BLOG