Blog

diary with petit photos from the atelier

梅雨らしく、雲も雨も多かった今年の6月。

庭の野菜も花も、そして雑草達も、雨を陽を浴びてすくすくと背を伸ばし、我れ先にと大きく茎を葉を広げている。

不作気味だった豊後梅は、なんとかかご一杯分の収穫であった。


そういえば、先日久々に庭にやって来た放浪犬の"ぼっちゃん"。

嵐の中での訪問(前記事参照)までは、ぼろぼろの首輪を付けていて、首輪の黒い表布などは、ちぎれてネクタイのようにぶら下がっていた。

その首輪こそが"ぼっちゃん"の長年の"放浪"の証しであり、その哀愁をひと際引き立てていたのであるが...、

 

あの次の日、"ぼっちゃん"は、なぜかピカピカの新品の首輪を巻いて、自慢げな様子で現れたのである。

それもショッキングなピンクである。

どこか近くに飼い主がいるのか、あるいみすぼらしさに見かねた誰かが付け替えてあげたのか、そのどちらかであろう。

ちなみにピンクの首輪は、かなり大きな犬向けのサイズらしく、途中でばっさり切りそろえられていた。

犬の首まわりというのは、毛で覆われている分、実寸より膨れてみえるもので、「せっかく買ってきたのに、着けてみると大きすぎた。」という首輪の話しはよくあるものである。
しかも、犬に一度つけてしまった手前、返品も気後れするし、せっかくお金を出したものを使いもせずに捨てるのももったいない、ということで、もどかしい思いとともにとりあえずどこかにしまっておくというのが定石であろう。

であるからして、おそらくは後者。

ボロボロの首輪の"ぼっちゃん"をみかけた誰かが、ふと持て余していたピンクの首輪のことを思い出す。そして"ぼっちゃん"を呼び留め、倉庫からあわてて引っ張り出してきたそれを、ボロボロの首輪に付け替えてあげる。

これで"ぼっちゃん"は長年の首かせに、首輪の持ち主は心の隅っこのもどかしさに別れを告げられ、めでたしめでたし。

というのが、ピンクの首輪を巡る推理なのであるが、もうひとつ捨てきれないのは、店先で「ピンク可愛い!」と、思わず衝動的に買ってきたものの、いざつけてみると(サイズはぴったりなのだが)まったく似合わない...、という(犬というより)女性によくある「ピンクにまつわる失敗」の筋である。

なにせ、林家ぺー・パー夫妻のような小型犬ならともかく、あのピンクが似合う大型犬など、容易に想像は出来ないではないか。


そして、ピンクの首輪を巻いた"ぼっちゃん"は、その謎とともに再び姿を消したのであった。






コメントする------









関連 topics

RESENT ENTRY

CATEGORY

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ARCHIVES

LINK

コトリエンヌ・公式通販ストア

SEARCH

*about this BLOG