Blog

diary with petit photos from the atelier
 

2ヶ月程前にふらりと現れて、しばらくアトリエに居候して(ユロと一緒に散歩までして)いた迷い犬の「ぼっちゃん (何となく勝手に名付けた)」。

そろそろ飼い主をみつけるか、飼ってあげた方が良いかな...などと思い始めた矢先に、嘘のように姿を消した。


そのぼっちゃんが、再び嵐の中から現れた。

2ヶ月の間どこで何をしていたのか、知る術もないのであるが、人懐っこくて穏やかな性格のぼっちゃんであるからして、寅さんよろしく別の土地で居候をしたり、その町のマドンナと恋に落ちたりしていたのかもしれない。


ぼっちゃん。

放浪の中に生きるさだめの犬なのだろうか。


その姿は、悠々として、大きなロマンを秘めて、またどこか悲しくもあるのだ。


ぼっちゃんは、しばし軒下に雨宿りして、嵐と共に姿を消した。



また明日会えるのだろうか、それとも今生の別れとなったのであろうか。



その答えはきっと、気まぐれな風に吹かれているのであろう。



コメントする------










RESENT ENTRY

CATEGORY

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ARCHIVES

LINK

コトリエンヌ・公式通販ストア

SEARCH

*about this BLOG