Blog

diary with petit photos from the atelier
 

なんだか節目ごとの更新になってしまっているけど、今日は「夏至」。
容赦ない夏の存在感(35℃!)を思い知った一日であった。

さて、ぽちぽち店頭にも並びはじめている新しいモダン千代紙。
今回は5種全部の絵柄を一新したのであるが、なかでも一番ユニークな絵柄が"amenimo-makezu"。

タイトルの通り、宮沢賢治の「雨ニモマケズ 風ニモマケズ . . 」の詩をモチーフにしたパターンである。人、動物、植物、果実、どれも升目を辿るように直線的に、シンプルな図象で描いてみた。


慾ハナク
決シテ瞋(怒)ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル

ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ


という詩のように、一見無機質に見えるカタチは、無欲透明であるが、平静で真っすぐな意思の緊張感、つまりは一番シンプルで確かな「生」の姿でもあるのである。

あれこれ「生きる」という事について考えさせられた日々から生まれた作品ではあるが、(難しい理屈は抜きにして)とりあえず、どこかで見かけた際には「なんか可愛いね」などと思って手に取ってもらえるだけでも良いのである。


コメントする------










RESENT ENTRY

CATEGORY

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ARCHIVES

LINK

コトリエンヌ・公式通販ストア

SEARCH

*about this BLOG