Blog

diary with petit photos from the atelier

長いこと枝に垂れたままであった山茶花の実。

摘み取って玄関に置いておいたところ、二晩でひとりでに皮が開き、種が現れた。


枝から離れた実は、拳を開いて地面に種子を撒くように。

種子達は、落葉の裏に隠れて芽吹くときを待つように。


実も種も、ただその時を待ち、光と風の中を揺らいでいたのである。


コメントする------









関連 topics

RESENT ENTRY

CATEGORY

CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

ARCHIVES

LINK

コトリエンヌ・公式通販ストア

SEARCH

*about this BLOG